北極冒険家 荻田泰永 南極点無補給単独徒歩到達への挑戦

初めての南極へ…新たな挑戦

 

北極冒険18年、新たなフィールドとして目指すのは「南極点」

挑戦によりもたらされる教訓や知見を社会へ持ち帰り、そこに価値を見出して社会に還元していく。

荻田は自身の北極での経験を、日本での100milesAdventureなどの活動によって子供達に世界を拡げていくことの喜びを伝えてきました。

「南極点」は、荻田にとってこれまでのフィールドを飛び出して新しい世界を見るひとつの挑戦です。

過酷な単独徒歩行では、身体的な消耗を如何に抑えながら1130kmを踏破するか?使用する道具は従来品からどのように進化させるべきか?美しい南極大陸の姿を記録し、如何に伝えていくか?多くの方々の協力と知見を交えながら、南極点を目指していきます。

 

挑戦とは極めて個人的な想いから始まります。しかし、個人の挑戦はやがて誰かと出会い、社会と繋がります。個人の挑戦心無くして社会は成り立たず、また社会無くしては個人の挑戦心も具現化しないのです。


今どうしてる?

南極点無補給単独徒歩到達概要

南極点到着まであと...